2009年02月10日

世界遺産 モンサミッシェル

早朝 ホテルから歩いてバス会社まで。

その会社のツアーで、モンサンミッシェルへ。

早朝のはず…、座席に座り、出発を待つこと1時間…。

夜明け前のはずが、夜明け…。

日本語の通訳ガイドは時間には出勤、その他の外国語の通訳ガイドが「渋滞で」…とのアナウンスあり。

絶対 寝坊でしょ!!!。

時間返して〜ってかんじです。

5時間くらいかかったでしょうか。

もともと引き潮のときにしか渡れなっかた、ここからっというところに
ホテルがあって、そこでランチでした。

名物のオムレツ、とっても不思議なものでした。

日本のオムレツとはまったく違いました。

メレンゲの上に半月形の薄焼き卵 ってかんじ。

コンソメがきいていてメレンゲはおいしかったですね。

ドライバーも、往復10時間のせいなのか2人。

日本ではありえないですよね。

そのホテルからモンサンミッシェル側は全部窓でした。

すばらしい眺めでした。

いろんなお天気の1日1日 のんびりながめていたいなぁと思いました。

ランチをいただいたホテルの近くにはメルキュールもありましたよ。

次に機会があれば、のんびりステイするのも良しですね。

090125-1.jpg

修道院の入り口の手前にはお土産やさんが並んでいました。

これは 世界共通ですね(^.^)/~~~。

090125-3.jpg

090125-4.jpg

090125-5.jpg

とってもおしゃれに感じますね!。

でも道幅の狭さは 江ノ島を思い出しました。


郵便局もあって、切手を購入!と思いきや たどり着いたときには 閉まっていてダメでした。

そのときに中から追い出されたのはHITOMI先生でした"^_^"。

さすが、こんなときもやはり 完璧!。

私は PARIでの誤算の1つでした(-_-;)。

こじ開けて入れて〜〜〜って気分だったけど、それじゃ犯罪者ですよね…、しぶしぶあきらめ 悔しいけど しかたない… うぅぅぅ〜。

日本語通訳ガイドの方がずっと案内してくれました。

いろんなお部屋があって、それぞれの説明を聞きながらもっと下調べをしてくればよかったとちょっぴり後悔でした。

090125-7.jpg



ちょっと余談。

通訳の方、パンフレット(みんなもらったのですが)がクルクルロールされ、それをねずみ花火みたいにクルクル指に巻き、またのばしては巻きをずっと繰り返しながら案内してくれました。

毎回そうなのかなぁ…とちょっと笑っちゃいました。

モンサンミッチェルからみた海です。

090125-2.jpg

浅いから風の影響はではありませんね、でもきれいな波模様でしょう?。

有明海はもっと小刻みな模様ですものね。

バスが待っていてくれるところは砂浜のつもりでした。

砂のつもりで拾って帰ろうと思って…。

違いました。

今はほんとにすぐ下までバスで来られるのですが、ランチをいただいたところまででバスが止まるようになり、徒歩でのコースに変わるそうです。

そのための工事中(川の流れをかえる)で、なんとセメント?のような…。

090125-6.jpg

ブーツはグレーになりました。

それでも、鳥たちは…。

090125-8.jpg

それから 今日試験だったみなさま お疲れ様でした。

ゆっくり休んでくださいね。




ランキングに参加しています。

クリック よろしくおねがいします


にほんブログ村 花ブログ プリザーブドフラワーへ


にほんブログ村 花ブログへ


にほんブログ村 料理ブログ パン教室へ


 



posted by くに at 23:47 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。