2008年08月02日

Les Freres レ・フレール

昨夜は、久しぶりにコンサートへ行ってきました。
とっても楽しい時間でした。
このところすでにご存知の方は多いと思います。
2006年の東京JAZZのオープニングで演奏してあり、それを見たときにはもう釘付けになってしまって(笑)。
彼ら 斉藤守也さんと圭土さんは兄弟です。それでLes Freres フランス語で兄弟…。
結成は2002年だそうです。
ピアノ 聴くものという感じですよね。でも彼らの場合みせてもくれます。
キャトルマンスタイル=4手連弾というスタイルで、それはそれは魅力的です。
守也さんはバラード、圭土さんはブギーが得意とそれぞれジャンルがちがうのですが、目指すものが"和"であり、その彼らの気持ち調和 協和 響和ともよべる響きあう音はこころにものすごい勢いで響いてきます。
CDで聞くだけではわからないのです。以前 確か1度熊本でもあっていますが、そのときはどうしても都合がつかず、今回はアクロスへ行ってきました。(余談ですがシンフォニーホールのシャンデリアが大好きです。)唯一DVDが発売されています。
でもできることなら、会場に足を運んでみてください。
とつとつとしたトーク…(笑)、ミュート奏法など楽しいですよ。
木下 航志さんとのセッションもありました。
彼は全盲です。
1部は木下航志さんの歌とピアノ 
2部がレ・フレール アンコールの中でセッション。
4手が5手6手になりパワーが爆発!という感じ…
元気をもらいました。
ほんとに "Bravo!!!" な夜でした。
明日は神田うのさんのウエディングショーを見に行ってきます。


posted by くに at 23:55 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。